定期借地権事業

土地は貸しても必ず戻ってきます

平成4年に創設された1回かぎりでの更新のない借地契約ができる「定期借地権」により、それまで、「貸せば戻ってこない」と思われていた土地が必ず戻ってくるようになりました。
定期借地権制度は、低価格な住宅供給を図るため、国の方策として推進されている土地活用です。

定期借地権には3種類あります

定期借地権には使用用途により、一般・事業用・建物譲渡特約付、の3種類があります。
一般定期借地 50年以上
契約期間 50年以上、どんな建物も建築可能 契約期間終了後、建物を取り壊し更地にして変換する契約ができます。
おもに住宅など
事業用定期借地 10年以上50年以内
契約期間 10年以上50年未満、事業用建物のみ建築できますが、契約終了後、建物を取り壊し更地にして返還する契約ができます。
スーパー・コンビニなど
建物譲渡付借地権 30年以上
契約期間 30年以上、どんな建物も建築できますが、契約期間契約終了後、建物を相当の価格で貸主に譲渡することを定める契約ができます。
アパートなど

土地活用をお考えのオーナー様へ

定期借地権のメリットはこんなにあります

更新がなく、契約期間が終われば必ず貸した土地が戻ってくるなど、定期借地権には多くのメリットがあります。
1. 契約期間満了後には、必ず土地が返還され、更地の土地が戻ります。
契約期間満了後には必ず更地で戻すことが法律で定められているため、先祖から受け継いだ大切な土地を手放すことなく、子孫に残すことができます。
2. 契約時には保証金が入ります。
さらに、前払い地代を受けることができ、契約時の収入が増加します。
契約中には借主から、相当額の保証金を預かります。この保証金は運用することが可能です。
また、平成17年から、契約時に前払い地代を受けることができるようになりました。

■例えば・・
 5年間分の地代の半分を前払いで受け取るとします。
 月額10万円とすると、契約時に受け取る前払い地代は300万円
 前払いで受け取った300万円は、5年間分の地代収入として毎年60万円を計上すればよいことになったのです。
3. 自己資金ゼロで土地活用ができます。
土地のみを貸すので、建物建築の負担はありません。
空室リスク、管理・修繕などのわずらわしい業務もありません。
4. 税金対策・相続税対策になります。
小規模宅地の定期用をうけることにより
■ 固定資産税評価額     1/6
  都市計画税評価額     1/3
■ 相続税の評価額     最高で45%減

眠っている土地が、価値ある資産に

ご所有地を定期借地権で貸すことは価値ある賃貸事業です。
まずは、何も使わないで眠っている土地を安全な定期借地権で貸してみませんか?

その土地の価値を最大限に活用するには十分な土地のリサーチと経験豊かなコンサルタントが必要です。
当社の定期借地権コンサルタントは、地主様のご所有地を価値ある資産にするための、土地活用に全力で取り組んでいます。

定期借地権の解説
定期借地権の概要
医療開業用地情報サイト
このページのトップへ